2018年 7月 18日 (水)

松田直樹へのエール 長谷部誠、細貝萌、稲本潤一ら「マツさん頑張れ」

印刷

   2011年8月2日の練習中、急性心筋梗塞で倒れた元サッカー日本代表の松田直樹(松本山雅FC)へのエールが、国内外でプレーする選手たちから続々と寄せられている。

「大好きなサッカーが待ってるから」

   日本代表キャプテン長谷部誠(VfLヴォルフスブルク)は8月3日(2011年)のブログに「マツさん、頑張れ、頑張れ、頑張れ。大好きなサッカーが待ってるから。みんなが待ってるから」と書き込んだ。読者からも1000件以上の書き込みが殺到、「必ず戻ってきて」「松田頑張れ」「負けないで」など激励が続く。

   また、群馬・前橋育英高校時代の後輩にあたる細貝萌(FCアウクスブルク)はブログで、「プロとしても、代表選手としても尊敬している松田直樹さん」と語りかけた。パワー溢れるプレーでファンを、そして自分を魅了してくれた先輩。「必ず良くなる。また一緒にサッカーがしたい」とエールを送っている。

「頑張れマツ君!!!!!!!」

   稲本潤一(川崎フロンターレ)にとっても、シドニーオリンピック、日韓ワールドカップをともに戦った「偉大な先輩」だ。ブログでは「祈りの数だけ、気持ちは伝わるはず。みんなも一緒に祈ってほしい」と呼びかけた。

   そして、ジュビロ磐田、川崎フロンターレなどでプレーした箕輪義信は、松田とは同世代だ。松田が倒れてからというもの、日課となっている早朝ランニングの合間にする神社での祈りに「彼を助けてあげて下さい」とつけくわえた。復活を信じ祈り続けている。

「まだプロサッカーやれる場所あんだろ! あれだけやってる同級生の無念は見たくないんだな俺、たぶん」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中