「ゼロの使い魔」ヤマグチノボル 「癌手術無事終わりました」

印刷

   人気ライトノベル「ゼロの使い魔」の作者・ヤマグチノボルさんが8月4日(2011年)、自身のツイッターで、癌の手術を無事に終えたことを報告した。

   ツイッターでは「手術無事終わって寝てます。今日は少し起き上がって散歩しました」と書いた。手術前には、読者やファンからたくさんのメッセージが届き、

「応援リプほんとにありがとうございます。皆さんからいただいた命と思い、これからは大事にしていきたいと思います」

と感謝。また、もう少ししたら、食事にも出掛けられるとのことで、「スープストックのオマール海老のビスクとサムゲタンのみたいよう。あとアイスボックス十個ぐらい食べたい」と期待に胸を膨らませている。

   なお、ヤマグチさんは今年7月、同シリーズを販売する文庫レーベル「MF文庫J」(メディアファクトリー)のオフィシャルサイトを通じて、2月の検査で癌が見つかったと発表。手術は8月上旬を予定していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中