2018年 7月 18日 (水)

「ゼロの使い魔」ヤマグチノボル 「癌手術無事終わりました」

印刷

   人気ライトノベル「ゼロの使い魔」の作者・ヤマグチノボルさんが8月4日(2011年)、自身のツイッターで、癌の手術を無事に終えたことを報告した。

   ツイッターでは「手術無事終わって寝てます。今日は少し起き上がって散歩しました」と書いた。手術前には、読者やファンからたくさんのメッセージが届き、

「応援リプほんとにありがとうございます。皆さんからいただいた命と思い、これからは大事にしていきたいと思います」

と感謝。また、もう少ししたら、食事にも出掛けられるとのことで、「スープストックのオマール海老のビスクとサムゲタンのみたいよう。あとアイスボックス十個ぐらい食べたい」と期待に胸を膨らませている。

   なお、ヤマグチさんは今年7月、同シリーズを販売する文庫レーベル「MF文庫J」(メディアファクトリー)のオフィシャルサイトを通じて、2月の検査で癌が見つかったと発表。手術は8月上旬を予定していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中