たむらけんじ「淡路島にテーマパーク計画」ツイッターで賛否激論

印刷

   お笑いタレントのたむらけんじが、淡路島にテーマパーク「たむけんランド」を建設――こんな計画が8月16日(2011年)に報じられた。

   これによるとたむらは2010年、淡路島の豊かな自然に一目ぼれ。以来毎週のように通う中で、地域振興を目指した「テーマパーク」構想が芽生えたという。すでにアメリカの人気キャラ「フィリックス」の3代目作者ドン・オリオロの協力も取り付けており、本格的に計画が動き始めている。

   このニュースを受けてたむらのツイッターには、賛否両論が寄せられた。特に目立つのは、「淡路島の自然が壊されるのでは」「たむらの金儲けのためでは」という懸念だ。こうした意見に対したむらは、

「自然を壊して建設する事は2万パーセントありません」
「信じてもらえるかわかりませんが、僕はGMに徹したいんです。僕にお金は全く入ってきません」

と6時間以上かけて反論を続け、「淡路島の皆さんが1人でも多く賛同してもらえるような企画考えます!」と、あくまで地元本位の事業にすることを強調。またテーマパークの仮称が「たむけんランド」と報じられたことについては、「絶対にたむけんランドなんて名前つけませんので」とはっきり否定した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中