TOKIO山口達也「期限切れ無免許運転」提示求められ判明

印刷

   TOKIOの山口達也(39)が7か月間「無免許」で車を運転していたことが明らかになり、8月29日(2011年)夜、日本テレビで会見を開いた。

   黒のスーツ姿の山口はさすがに憔悴した様子で、

「約半年も無免許ということで、気づかずに運転してしまったことを深くおわび申し上げます……すみませんでした」

と、時折目に涙を浮かべながら謝罪を繰り返した。

   山口の運転免許が切れたのは今年1月。本人は全くそのことに気づかなかったとのことで、28日午前に家族を乗せて運転中、車線変更違反で警察官に免許提示を求められた際、初めてその事実を知ったという。会見の終わりには、関係者や報道陣から「もういい」「顔を上げてください」と言われながらも、実に3分間にわたって頭を下げ続けた。

   翌日のテレビやスポーツ紙は大きくこの様子を報じたが、免許の更新忘れはよくあること。警察でもこうした事例は「うっかり失効」と呼んでいて、6か月以内なら適性試験と講習を受ければ、免許を再取得できる。6か月を過ぎても仮免許は取れ、山口もとりあえずその手続きを取る。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中