飛び出し自転車の男性「禁錮2年実刑」違法走行で死亡事故誘発

印刷

   大阪・浪速区で今年5月(2011年)にあった交通死亡事故で、大阪地裁はきのう28日(2011年11月)、事故を誘発したとして自転車で車の前に飛び出した 男性(60)に禁錮2年の判決を言い渡した。直接の死因となった車の運転手は不起訴。どういう判断なのか。

避けようとしたタンクローリーが民家へ

   事故は国道を走っていたタンクローリーが歩道を乗り越え民家に突っ込んで49歳と75歳の男性2人を死亡させたというもの。警察ははじめタンクローリーの運転手を逮捕したが、運転手はライトバンが割り込んだためだと主張し、これをもとにライトバンの運転手も逮捕されたが、今度は飛び出した自転車を避けるために左車線に入ったがことがわかった。このため、警察は事故後現場を立ち去った自転車の男を重過失致死罪で逮捕・送検し、検察は車の運転手には「過失と認める証拠はない」と不起訴処分にしていた。

赤信号で停まらない

   自転車の男性は「事故が起るとは思わなかった」と無罪を主張したが、判決で裁判長は「停車している車列から飛び出せば、事故もありうると予測できた」として実刑を言い渡した。

   男性は「車が不起訴で、なんでオレだけ悪いんだ」と不満を口にしているが、控訴はしないという。しかし、被害者の家族は車の運転手の責任も問うべきだと検察審査会に申し立てるという。

日本は世界でも自転車事故多発国

   ここで、自転車通勤のTBSプロデューサー疋田智が登場。司会のみのもんたは「道交法を勉強しないといけない」と眉をしかめる。

   疋田「自転車は軽車両なのに、歩行者の延長みたいに考えられてきた。今回の判決は画期的だ」

   自転車の事故は14万5000件もあり、7割以上が交差点の中。多くが歩道を走ってきて、車からみれば飛び出しというのが現状らしい。先に警察庁が出した「自転車は原則車道を走る」という通達も、疋田は「車からもよく見えるので」と話す。

   杉尾秀哉(TBSテレビ報道局解説・専門記者室長)「赤信号で止まらないんだから、これは道交法以前の問題」

   みの「自転車専用レーンも作らないといけない」

   疋田「先進国でこんなに自転車事故が多い国はない。ダントツ。何とかしないといけない」

   「朝ズバッ!」がカメラでとらえた浪速区の自転車のマナーというのがかなりひどい。平気で横断歩道以外でも横切るわ、斜め横断もあるわ、車道の真ん中を走るわ、2人乗りはいるわ…。今回の判決が抑止になるとはとても思えないという状態だった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中