ヤマグチノボルがん闘病「投薬入院。今度は髪の毛が抜けるぜ」

印刷

   「ゼロの使い魔」などの作品で知られ、今年(2011年)8月にがんの手術を行ったライトノベル作家・ヤマグチノボルが、12月21日にツイッターで闘病生活についてつぶやいている。

「薬を打つために、五日間ほど入院。いつものルーチンワークなので、ご心配なきよう。んでも今度の薬はとうとう髪の毛が抜けるぜ。まったく薄くなってない自慢の髪だったのになー。いさぎよく坊主にしちまおう」

   フォロワーからは「退院ツイートをお待ちしております」「元気になってまたゼロラジ(ゼロの使い魔 on the radio)で声聞かせてくれー!」などの返信が寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中