本木雅弘・薬丸裕英いまだ不仲?見ものだったよそよそしいギクシャクトーク

印刷

「はなまるマーケット」(TBS)2012年1月13日8時30分~

   はなまるカフェのゲストは本木雅弘。司会の薬丸裕英とはシブがき隊時代、不仲だったと噂されており、その2人がどんなトークをするのかが見ものだ。薬丸はいつものゲストと変わりなく極力普通に接しようとしているが、それがかえってぎこちない。本木も薬丸を「薬丸さん」「おたく」と呼び、どこかよそよそしい。「おたくの長男はいくつになったの?」という会話からも日頃の交流がないことがわかる。
   そんなふうに最初こそ身構えていた2人だが、徐々に距離も縮まり、本木が海外に留学している14歳の息子に「部屋を片付けろ」と叱ると話すと、「寝坊魔、遅刻魔、部屋を片付けない」とシブがき時代の本木がいかにだらしなかったかを暴露する薬丸。これに本木が「家族を持って変わったんです。そんな目で見ないで~」と軽口をきく場面も。
   その後、「あの頃、君は○○だった」という企画で、「マメだったのは?」「くよくよしていたのか?」「負けず嫌いなのは?」「女性に優しいのは?」という設問に答えるも意見はほぼ一致。唯一合わなかったのは「女性に優しいのは?」の問いに薬丸が自分の名を、本木は布川敏和の名をあげたこと。
   布川といえば昨年シブがき隊結成30周年記念として「そば食いねぇ!」という歌を出したが、さほど話題にもならなかった。本木は俳優、薬丸は司会者としての地位を確立しており、金持ち喧嘩せずということか。再結成を願っているのは布川だけ!?

(白蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中