「母見殺しにした父許せない」震災が引き裂いた家族「再びの出会い」

印刷

   震災から間もなく1年になろうとしている。NHKではこれまで6回にわたり被災者3000人のアンケート調査を行い、その内容が「クローズアップ現代」で紹介された。最近のアンケートには「気力を上げないと生きていけないとか、負けないぞと言い聞かせている記述が多くあった」(NHK社会部記者)という。

「先に行け!頑張って生きろよ! バンザイ!バンザイ!」と叫んだ母親

   アンケートの回答者の一人に岩手県大船渡市の49歳の女性がいる。自宅を津波で失い、母親も亡くした。震災発生時、自分は仕事で外出していたが、家に父親、母親、全盲でダウン症の娘の3人がいたという。津波から車で逃げようとした際、母親は孫を先に車に乗せたあと津波に流されたという。後に父親から聞いたところでは、母は「先に行け」と叫び、「頑張って生きろよ! バンザイ!バンザイ!」との言葉を残したという。

   この出来事は仲のよかった家族を引き裂いてしまった。仮設住宅の隣り合う部屋に暮らしながら、父親とは疎遠になり、一緒に食事を取ることもなくなった。母親の死で父親を責める気持ちがあり、「『お母さんのこと見殺しにしたくせに』って言ったり、言い合いになってしまう」からだった。

1年が経ち…やっと父親・娘とかつての自宅跡へ

   最初は、自分の娘のせいで、自分が娘を産んだせいで母親が助からなかったのではないかといった思いにかられた。ショックが大きく、母親の写真を見ることもできなかった。

   しかし、友人や周りの人の助けを感じ、少しずつ気持ちが変化した。年がかわって1月には母親の写真を飾るようになり、父親との関係も以前に戻りたいと思うようになった。「本当は娘を助けてくれてありがとうと言いたいんですね」と女性は言う。

   先月中旬、自宅のがれきがすべて取り除かれるのを前に、父親に声をかけ3人で家のあった場所を見に行った。少しずつ家族を取り戻しているようでもあった。

ボンド柳生

NHKクローズアップ現代(2012年3月6日放送「『それでも生きる』~被災地3000人の声」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中