「マイケル・ジャクソンに精子提供した。次男はオレの子」元ボディガード

印刷

   キング・オブ・ポップこと故マイケル・ジャクソンには3人の子がいるが、とかくさまざまのウワサが絶えない。この度は、10歳になる次男につき、自分がDNA的に父親だと主張する男が現れたそうだ。

   この人物はマイケルの友人で、ボディーガードをしていたこともあるというイギリス人マット・フィデス氏。彼は2001年ごろにマイケルから精子提供を頼まれ、応じたという。さらに02年、生まれたばかりの次男とともにドイツ・ベルリンに滞在していたマイケルを訪ねた際、「運動神経のいい子がほしいから、次男に君の精子を使った」とマイケルから打ち明けられたという。フィデスは運動神経抜群で武道家の肩書きも持つそうな。

ファン猛反発でツイッター炎上、自宅押しかけ

   スタジオでは「なぜこういう話を(公に)したんですか」(笠井信輔アナ)などと、「父親」の行動をいぶかる声もあがった。いまのところ、フィデスはおカネの要求などはしていないというが、熱狂的なマイケルファンの不信と怒りを買ったのか、ツイッターは炎上。自宅に押しかける者もいて、ボディーガードを雇う羽目になっているという。

なぜこんな話を公に?

   なおDNA鑑定については、マイケルの親族側が反対しており、実施されていないそうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中