「1人外れるとかわいそうだった」体操五輪代表の田中3きょうだい父なみだ

印刷

   これは明るい話題だ。体操の五輪出場を決めるNHK杯で、田中和仁(26)、理恵(24)、 佑典(22)の3きょうだいがそろって五輪切符を手にした。父親の章二さん(62)も元体操選手だが、「ありがたい。1人外れるとかわいそうだから」と涙を流して喜んだ。

   おととい(2012年5月5日)まで行われたNHK杯は、男子は内村航平が4連覇、女子は田中理恵が初優勝した。五輪代表は内定していた内村以下10人が決まった。田中和仁は個人総合トップ、佑典は鉄棒など種目別ポイントで代表入りした。理恵は2次選考会を含め4日間トップだった。

個人も団体も金メダル狙いの顔ぶれ

   司会の加藤浩次「3人で行けるなんて、すごいことだよね」

世界一ですから

    きのうのスポーツ紙は、軒並み田中3きょうだいの笑顔が並んだ。3人とも初出場だ。過去、アトランタ五輪の柔道で中村3兄弟の例があるが、体操では初めて。

   キャスターのテリー伊藤「田中3きょうだいもいいが、加藤凌平(18)ってのがいる。これがまたかっこいいんですよ。応援してやってほしい」

   加藤「加藤はエースです。内村選手もいます。世界一ですから」

   テリー「異次元でしたね、きのうは」

   森圭介アナ「個人でももちろんですが、団体でも確実に金メダルが狙えるという人選です」

   ロンドンまであと81日になった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中