中学校教諭 盗撮バレてカメラSDカード食べちゃった!

印刷

   「すごい証拠隠滅の方法があった」。司会の小倉智昭もオドロく出来事が発生したらしい。「とくダネ!」は「盗撮先生 SDカード食った」というすごい見出しの日刊スポーツ記事をもとに伝えた。

   なんでも、大阪・日本橋のアニメショップできのう13日(2012年5月)、手提げ袋を持って女性の背後に立つなど、盗撮行為と疑わしき行動をしていた男あり。店員が声をかけたところ、逃げようとしたため取り押さえた。そのとき、男は袋内にあった万年筆型カメラからマイクロSDカードを取り出し、口に入れて飲み込んでしまったという。ガリっという音がしたので、カードをかみ砕いたと見られるそうな。警察が逮捕してみると、男は公立中学校の教諭で、盗撮について否定しているという。

警察はX線で検査

いずれ出てくる

   気になる「証拠」のSDカードの行方だが、警察はX線検査などでカードの所在をつきとめる方針。ニッカンには「カードをつなぎ合わせれば、修復は可能」とする医師のコメントも載っており、オグラは「出てくるのを待つんだろう」と予想していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中