みのもんた「朝ズバッ!」早め夏休み「愛妻看病」だった…22日午後死去

印刷

   TBS系の朝のワイドショー「朝ズバッ!」の司会・みのもんた(67)は5月7日放送から休み、番組では「早めの夏休みを取っている」と説明していたが、愛妻の靖子さん(66)との最後のニューヨーク旅行と看病のためだったことがわかった。靖子さんは22日(2012年5月)午後4時48分に、東京・中央区の国立がん研究センターで死去した。数年前にがんを告知され、通院治療を続け体調は良かったが、数日前に急変したという。

   みのは今週21日から「朝ズバッ!」に復帰し、22日は「金環日食」の中継を「綺麗だなあ」と伝え、そのあと病院に駆けつけた。妻が亡くなった翌日の23日も普段通りに出演したが、番組でみののスタイリストを担当していた妻を思い出したのか、目に涙を浮かべ嗚咽する場面も見られた。25日の日本テレビ系「秘密のケンミンSHOW」(木曜よる9時)の収録も予定通り行う。みのは「ちゃんと仕事をしないと女房に怒られるからね」と話しているという。

(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中