佐藤江梨子 事務所社長の死去で「骨から悲しみが出て行きます」

印刷

   タレントの佐藤江梨子(30)が7月2日(2012年)、所属事務所の帯刀孝則社長が6月28日に首を吊って死去したことを受けて追悼のコメントをブログに書いた。

   佐藤は社長の突然の死に驚いて泣いたといい、「思い出や会話が私の心臓を脳を駆け回り、骨から悲しみが出て行きます。」と心境を表現した。帯刀社長から「貴方の文章を読むと、両親にいっぱい愛されたんだろぅなぁ!ってよく思います。これからも文章の仕事も続けましょうね。」と言われたことがあったと明かしている。

「社長、貴方との夢を、まだ全然叶えてないです。ごめんなさい。ちゃんと、一歩一歩、叶えて行きます。お仕事頑張ります。」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中