2018年 6月 20日 (水)

マイケル・ジャクソン遺産相続の3人の子どもに新たな後見人登場

印刷

   マイケル・ジャクソンの莫大な遺産を相続するプリンス(15)、パリス(14)、ブランケット(10)の後見人として、新たなTJジャクソン(34)なる人物が登場した。マイケルの遺言により、後見人として3人の子供たちの養育に携わっているマイケルの母、キャサリン・ジャクソン(82)が、7月(2012年)中旬に突然行方不明となって以来、マイケルの遺産を巡る兄弟姉妹たちの確執は酷くなるばかりだ。

マイケルの甥を自称。大金目当てで一族の骨肉争い

   キャサリンが行方不明だった間、暫定後見人に使命され、その後はキャサリンとの共同後見人となるべく法的手続きが取られたのがTJジャクソンだ。マイケルの元妻でプリンスとパリスの母であるデビー・ロウも、キャサリンとTJの共同後見人体制を支持したという。Tjってだれなのか。マイケルの兄でジャクソン・ファイブのメンバーだったティト・ジャクソンの息子という。マイケルから見る甥である。このTJ、ルックスもなかなかイケてるとネットでは話題になっている。

Noriko Fujimoto

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中