内柴正人「準強姦初公判」無罪主張!ベッドではしがみついて離そうとしなかった

印刷

   酒に酔って寝ていた柔道部の教え子に性的暴行を働いたとして、準強姦罪に問われている五輪柔道男子の金メダリスト内柴正人被告(34)に対する初公判が、きのう12日(2012年9月)に東京地裁であった。内柴は「性的関係は持ったが、合意の上だった」と無罪を主張し、検察側と真っ向から対立する展開となった。

「被害者覆いかぶさってこられたが力が強く抵抗できなかった」

   起訴状によると、内柴は昨年(2011年)9月19日から20日にかけて、コーチを務めていた九州看護福祉大(熊本県)の合宿先の東京都八王子市内のホテルで、酩酊していた未成年の女子部員に乱暴したとされる。準強姦罪は心神喪失などで抵抗できない状態の時に性的暴行を加えるというもの。「準」がつくから軽いという意味ではない。

勘違いする男
 

   双方の主張は暴行にいたる前段階から食い違っている。内柴は柔道部員と焼き肉店で飲食のうえカラオケ店に繰り出す。検察によると、女子部員はカラオケ店ですでに酔ってソファに横たわっていた。そこからホテルに戻り、ベッドで覆いかぶさってこられたが、力が強く抵抗できなかったという。

   一方、弁護側はカラオケ店のソファにいる間から女子部員は被告に甘えるように寄りかかり、ベッドでは被告にしがみついて離そうとしなかったと主張している。

教え子と関係を持っただけで指導者としてはアウト

   合意があったかどうかが最大の争点となるが、ゲスト出演した女性の権利やセクハラ問題に詳しい田中早苗弁護士はポイントとして、(1)女子部員に判断力があったのかどうか(2)酩酊していたかどうか(3)供述の信用性はどうか―の3点を上げ「弁護側が今後どういう証拠を出すか注目されます」と語る。

   経営コンサルタントの田中雅子は「泣き寝入りが多い中、女性にとって有名な人を相手に裁判を起こすだけでも大変な覚悟がいる。ドロ沼にならないようにしてほしいが、見ていて耐えられない気分です」

   文芸評論家で慶大教授の福田和也は「本人も言っていましたが、教え子と関係を持っただけで指導者としてはアウトですね」

   キャスターの菊川怜「未成年だとお酒を飲んだらどうなるか、分からない人もいる」

   司会の小倉智昭「お酒を飲んでぐにゃあとなる女性いる。それを勘違いする男もいる。十分気をつけなければいけないということですね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中