小樽でジンベイザメ、釧路でマンボウ―北海道で次々南洋魚!海水温異常上昇

印刷

   「70年やってるけど初めてだ」と漁師も驚いている。網にかかったのはジンベイザメだった。「沖縄では見たことあるけど」。しかし、場所は北海道・小樽だ。 北海道東部でもマンボウが大量に網にかかる。何がどうなってるのか。

サンマ、サケ南下できず、海の幸は軒並み1か月遅れ

   居座り続ける残暑にみんな参っている。きのう18日(2012年9月)の秋田市は36.1度と史上最も遅い猛暑日を記録した。ブドウ農家は「暑さは果物には最高なんだけど」というが、暑さに耐えられなかったものも数多く出ている。だが、この暑さ、気温だけじゃなかった。

困ったではすまない

   ジンベイザメがかかったのは小樽に近い余市町の秋サケの定置網だ。おとといのことで、びっくりした漁協が「おたる水族館」に連絡、水族館はすぐ飼育・展示を始めた。体調3.5メートル、体重400キロのオスで、北海道でははじめてという。ジンベイザメは熱帯から亜熱帯、温帯に生息する。北海道は亜寒帯だ。小樽だけじゃない。釧路沖では8月末から、これも熱帯の魚のマンボウがかかり始め、1日に1000匹にもなった。これまでたまにかかることはあったが、こんなことはなかったという。

   原因はどうやら海水温だ。小樽はこの時期は20度前後、釧路は17度前後のはずが、それぞれ28度、23度もある。28度というのはもう熱帯の海だ。おかげで、サバ、マンボウが来る一方で、例年なら旬のはずのサンマ、サケが南下できない状態らしい。

   司会の羽鳥慎一「9月に秋田で36度。地球で何か起 きてるんじゃないか」

   このままの状態が続くと、北海道の海の幸の旬が1か月くらい遅れそうだという。ニシンが10月、カキ、シシャモが11月、ホタテ、イカが12月、タラが1月となると、季節感が大いにずれてしまう。

そのうち北海道が「沖縄」になる

   萩谷順(法政大学教授・ジャーナリスト)「水温が8度上がってるんでしょ。人間だって、生活環境が8度上がったら逃げますよ。前からいわれてるけど、北海道はやがてコメどころになる。本州でもイワシにかわってグルクンがポピュラーになるかもしれない」

   羽鳥「沖縄の魚ですよね」

   グリーンランド、アイスランドの氷河が溶けているというルポもあった。台風の発生も海水温次第だ。雨の振り方が変わってきたことも知っている。東ちづるが「困った、困ったじゃすみませんよね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中