今年も盛り上がったぞ!「国立競技場コンサート」相葉ちゃんが大ボケかまし、松潤は上半身裸のセクシーダンス

印刷

   9月20日(2012年)、今年も嵐の国立競技場コンサートが盛り上がった。120万人の応募者から選ばれた幸運な14万人(7万人×2日)がプラチナチケットを手にした。今回初めて相葉雅紀が監修したTシャツやフードつきタオル、缶バッジなどのコンサートグッズには、ファンへの感謝メセージが入り、いずれもたちまち完売の大人気だった。

大仕掛け!1500発の花火、3万個の風船、300トンの噴水

   コンサートはこれまでのようなフライングなどはないが、目で耳で存分に楽しませる趣向が凝らされていた。会場のどこからでも見られるようにステージを3か所設置し、花道も放射状に造って巨大スクリーンも用意された。仕掛けもバッチリで、1500発の花火を打ち上げ、3万個の風船を飛ばし、300トンの噴水をまきちらした。とくにゲストもなく、嵐が出ずっぱりで3時間半40曲近い持ち歌を歌って踊った。

   その分、ファンを楽しませようという手作り感にあふれていた。松本潤がDJやったり、櫻井翔がラッパーになったり、大野智が振り付けを担当したりと、実にサービス精神旺盛。選曲もこれまでリリースされた全240曲を対象に、シングル、カップリング、アルバムの部門別にファンが投票し、各部門の上位10曲で構成された。

   コンサートは松潤の雄叫びでスタートした。「嵐の夏が来たぞ。楽しむ準備はできてるか。俺ら5人で7万人を幸せにしてやるよ」

   続いて二宮和也「みんなで作ったフェスだぞ。その調子で最後まで行こうぜ」

   相葉ちゃん「盛り上がってんの。もっと熱くなろうぜ」

   大野リーダー「ハ~イ、ハ~イ、ハァ~イ きょうはなんとアラフェス祭りだ」

   櫻井クン「調子はどうだ、YOKYO!こっちは準備できてるぞ!」

   5人が思い思いの呼びかけをしてファンのテンションを上げる。とはいえ、とんだハプニングもあった。クレーンに乗った嵐が巨大風船から姿を現す仕掛けのとき、なぜか相葉ちゃんのクレーンが上がらない。照れ笑いを浮かべてセンターステージに向かって歩き出したが、早く着きすぎていきなり一人で歌い出してしまう。その後も相葉ちゃんの大ボケ炸裂。「リリースした年にしか歌ったことのない曲が選ばれてびっくりでした」とかで、歌詞も踊りも完全に忘れていて、メンバーは大迷惑だったと大笑いだ。

松潤に合わせて、みんな腰をグリングリン

   会場が一番盛り上がったのはソロコーナーだった。相葉ちゃんがトップバッターで、「Friendship」の途中から他のメンバーが同じ衣装で踊り出し、ファンは大喝采。お揃いの手袋が印象的なダンスだった。お次の松潤の「Shake it!」では、松潤が上着を脱いで上半身裸になりあやしげなセクシーダンスを披露。バックの4人も腰をグリングリンさせ大受けだ。

   来年も国立でファン投票によるコンサートを開催するという。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中