「悔やみきれない」自分攻め続ける両親・兄弟―熊本・女児連れ去り殺害で証言

印刷
「あの時、なぜ飛び込まなかったか」

   父親は今も自責の念に駆られる。熊本市内のスーパーのトイレで3歳の清水心ちゃんを殺害したとして殺人などに問われている元大学生の山口芳寛被告(21)に対する裁判員裁判の第4回公判が、きのう22日(2012年10月)、熊本地裁で開かれ、両親が事件直後の状況について語った。

「あの時、トイレのドアを蹴飛ばして入っていれば救えたのではないか」

   事件の起きた昨年(2011年)3月3日、家族と買い物に来ていた心ちゃんは、トイレに行きたいと1人でトイレに向かい行方がわからなくなった。父親の誠一郎さん(41)と母親の真夕さん(39)は手分けして店内を探し回った。誠一郎さんは多目的トイレの前で「心ちゃん、心ちゃん」と何度も叫んだ。その時、中から「使用しています」という声が返ってきた。それが犯行時の山口の声だったのだ。「あの時、ドアを蹴飛ばして入っていれば命だけは救えたのではないかと思いました」と語る。

殺意あったはず

   真夕さんはその直後の山口とすれ違っていた。トイレからリュックを背負った若い男が出てきたのだ。「もしかしてと思ったのですが、(リュックが)人が入るほどの大きさではなかったので、目線を移してトイレの中を確認しました」

   男はうつむいて足早に去った。すぐ後を追ったが見失った。そのリュックの中に心ちゃんがいたと知り、「腰が抜けるほどびっくりした。なぜ捕まえなかったのか。自分を責めました」。両親にとっては、悔やみきれない痛恨事だったに違いない。

   誠一郎さんは証言台で「娘は3年半という短い人生。たった42か月のために妻のお腹の中で必死に生きてきた。娘を虫けらのように殺し、その遺体にわいせつな行為をした被告は許さない。死刑でも足りない」と訴えた。

2人の兄「警察官になって悪い人捕まえる」「ぼくが身代わりになっていれば…」

   山口は先週の第3回公判で犯行の動機について、「日頃から女の子の体に触りたいという欲求があり、それを実行に移した」といっている。裁判の焦点は殺意の有無だ。キャスターのテリー伊藤は「山口の最終的な目的は殺していたずらをすること。最初から殺害を考えていたと思う」という。山口は声を出さいないように口をふさいでいた手が首の方にずれて死亡に至ったとして一貫して殺意を否定している。

   リポーターの阿部祐二によると、心ちゃんの兄の1人は「ぼくは警察官になって悪い人を捕まえる」といい、もう1人は「ぼくが身代わりになっていれば…」と話しているという。精神科医の香山リカは「犯罪や事故で生き残った者が自分を責める心理がときどき起きる。お兄ちゃんたちがそれを乗り越えて、妹の分まで生きていくための支えが必要かも知れない」と語る。判決は10月29日。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中