若松孝二監督の遺族明かす「みんなの声に大きく反応した直後、息を引き取った」

印刷

   10月17日(2012年)に亡くなった映画監督の若松孝二さんの事故後の様子を、遺族が10月22日の「若松孝二公式ブログ」で明らかにしている。若松監督は10月12日夜、新宿区内でタクシーにはねられ重傷を負った。救急車到着時には自分で名前が言えるなど意識はあったが、病院に着いた時には意識がなかったという。17日朝に脈拍や血圧などが低下し、若松監督は大きくみんなの声に反応する様子を見せた直後、23時5分に息を引き取った。死因は多発外傷。

   今回のブログは、「事故直後から意識不明だった」「一時回復した」など事故後の経緯についてさまざまな報道があったため、家族からの要望で更新された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中