内柴正人「自分と相手守るため口止め」暴行直後に別の女子部員と性行為

印刷

   それにしても、とんでもない柔道コーチである。酩酊状態にあった女子柔道部員に性的暴行をしたとして準強姦罪に問われた五輪柔道金メダリストの内柴正人被告(34)だ。きのう28日(2012年11月)に開かれた東京地裁での公判で、合意があったと改めて無罪を主張したが、合宿中に10代の教え子と性行為をしたことは認めている。驚くのは、そのあと別の部員の部屋に行き、そこでも性行為をしたということだ。

弁護側質問にリラックスしてベラベラ

   内柴は九州看護福祉大学女子柔道部コーチだった昨年(2011年)9月、合宿先の東京都八王子市のホテルで、酒に酔って寝ていた女子部員に性的暴行をしたとして起訴された。きのうの弁護側による被告人質問で、(1)女子部員は酩酊してはいなかった(2)ホテルに行く前のカラオケ店でキスするなど性的接触があり、その流れで行為に及んだ(3)部屋で行為中にノックがあったが女子部員が対応。女子部員は「先生(内柴)はいない」と答え、その後も行為を続けた、などを上げて合意があったと主張した。

下品な裁判

   このノックをしたのは別の女子部員で、内柴は部屋を出た後、今度はその部員の部屋に行って性行為をしたという。また、口止めについても、「自分の身を守るためと、被害者にも噂が広まらない方がいいのではと思った」と認めた。

   公判を傍聴したリポーターの阿部祐二によれば、内柴は黒のセーター、黒のズボン姿で出廷、弁護側による質問ということもあってか、リラックスしているような様子で言いよどむことなく、どんどんしゃべったという。

内柴ワールドの柔道部そのものに異様さ

   司会の加藤浩次にコメントを求められたキャスターのテリー伊藤は、言下に「下品ですね。本当に下品な裁判だなと改めて感じました。合意の有無が争点になっているが、その前にこの(柔道部の)まわりはどうなっちゃっているのか。内柴ワールドというか、異様なものを感じますね。まわり(の部員ら)は本当に知らなかったのだろうか」

   内柴は、大学を辞めさせられた時にどう思ったかという質問には、「パニックになり、この先どうなるのか、死のうと思った」と涙を浮かべたというが、アテネ、北京五輪で金メダルに輝いた柔道家の誇りはどこへいったのか。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中