2018年 7月 20日 (金)

勘三郎死去で笹野高史「途端に涙があふれて、旦那がよんでる」

印刷

   歌舞伎俳優の中村勘三郎が12月5日(2012年)に急性呼吸窮迫症候群のため都内の病院で亡くなった。57歳だった。「平成中村座」で勘三郎さんと共演した俳優の笹野高史(64)は「勘九郎さん、七之助さん シッカリね。シッカリね」と勘三郎の2人の息子に向けてツイート。笹野は移動中の車内で訃報を聞いた。カーナビの案内で高速道路を下りた場所は、偶然にも「平成中村座」の舞台があった浅草だったという。「途端に涙があふれて、、、車を停めた。旦那がよんでる。旦那がよんでる!!最後までドラマチックなお方だなぁ!」と書いている。

   そのほか、志村けんや春風亭小朝、カルーセル麻紀ら生前交流のあった多くの芸能人が追悼メッセージを送っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中