小沢昭一けさ死去!83歳 9月に体調不全で入院

印刷

   名脇役、語りの達人、朗読の名手、歌手として活躍した小沢昭一がけさ10日(2012年12月)に死去した。83歳だった。小沢は1929年(昭和4年)生まれで、早稲田大学在学中に俳優座養成所に入り、51年に初舞台を踏み、テレビのドラマ、バラエティー、トークショ―でも活躍した。また、作詞家の永六輔、作家の野坂昭如らと「中年御三家」と称し、武道館でコンサートを開いたこともある。TBSラジオ「小沢昭一の小沢昭一的こころ」は39年続いている長寿番組で、軽妙なおしゃべりで人気がある。

   98年に前立腺がんが見つかり、定期的に治療を受けていたが、今年9月に「体力が極端に落ちている」ため入院した。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中