元相方すぎはら美里「楽しんごは私の友人に大ケガさせ絶縁状態に」

印刷

   お笑い芸人の楽しんご(33)について、元相方でタレントのすぎはら美里(37)は「今までずっと黙ってきましたが、私の大事な友人に拉致暴行し、全治2週間の怪我を負わせた」として絶縁状態にあると1月5日(2013年)のブログで明らかにした。友人はPTSD(重症などによって、さまざまなストレス障害を引き起こす疾患)のため、1年間通院したという。

   過去にもすぎはらは週刊誌のインタビューで、楽しんごにギャグを盗用されたことを暴露していたが、今回明らかになった暴力事件に関しては、「しんごのやったその理由も内容もあまりに幼稚だったため、今まで私がされたことに関しては、私が我慢すれば済むものとおさめてきましたが、人としてもう有り得ないと思い、今日に至ります」と説明した。

   この告白は、楽しんごが死亡事件を起こした横手(旧姓千野)志麻アナについて「チノパン可哀想」とツイートし、批判が殺到したことへの質問がすぎはらに寄せられたために行われた。騒動に関しては「というわけで、コメントが必要な方は他を当たってくださいませ」と回答している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中