アルジェリア襲撃事件で放送延期!日テレ「リバース」人質シーンふさわしくない

印刷

   日本テレビは1月25日(2013年)21時から放送予定だったドラマ「リバース~警視庁捜査一課チームZ」の放送を延期すると発表した。日テレは「ふさわしくない内容が含まれていたため」と説明している。

   「リバース」は俳優の松坂桃李(24)と女優の杏(26)が主演の刑事ドラマで、犯人が爆弾を使って企業を脅迫するシーンがあった。放送延期はアルジェリアで起きた人質事件を受けての対応と見られる。放送日は未定。代わりの番組として映画「書道ガールズ!!わたしたちの甲子園」が放送される。

   また、松坂と杏は1月25日に予定していた番組宣伝のための「ZIP!」「スッキリ!!」など6番組の生出演を見合わせた。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中