2020年 11月 29日 (日)

公園・庭のマダニから感染「SFTS死亡」新たに確認―予防法は「噛まれないこと」だけ

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   マダニを介して感染するSFTS(重症熱性血小板減少症候群)ウイルスよる死者がきのう13日(2013年2月)、新たに2人確認された。厚生労働省の発表によるもので、山口県の成人女性に続き、愛媛、宮崎両県でも昨年(2012年)秋に成人男性が死亡していたことがわかった。「ニュースアップ!」コーナーで取り上げた。

ワクチンも特別な治療法もなし。どんな人にもリスク

   動物の血液をエサにしているマダニは通常は3ミリ程度だが、血を吸うと10円玉の大きさに膨れ上がる。SFTSについて国立感染症研究所の西條政幸氏は、「どんな人がかかりやすいかというと、みなさん誰でも同じリスクがあります。(性別、年齢になくすべての人がなり得る病気だが)特別な治療法はありません。ワクチンももちろんないです」という。なんとも厄介な病気である。

皮膚を出さない

   マダニはどういったところに生息しているのか。ダニの生態に詳しい獣医学博士の佐伯英治氏は住宅街の公園を歩きながら、「こういう公園にもマダニが生息する環境がたくさんあります。(植え込みの)草の先によく潜んでいます」。水分が命綱なので、背丈の低い湿気のある草に寄生するという。こうした環境があればどこにでも生息しているというわけだ。

文   一ツ石| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中