公園・庭のマダニから感染「SFTS死亡」新たに確認―予防法は「噛まれないこと」だけ

印刷

   マダニを介して感染するSFTS(重症熱性血小板減少症候群)ウイルスよる死者がきのう13日(2013年2月)、新たに2人確認された。厚生労働省の発表によるもので、山口県の成人女性に続き、愛媛、宮崎両県でも昨年(2012年)秋に成人男性が死亡していたことがわかった。「ニュースアップ!」コーナーで取り上げた。......
[記事に戻る]

001
品場諸友 2013/2/14 17:44

このコラムでは割愛されているが、マダニがもしウイルスを保有していた場合、噛まれた時点でウイルスに感染している可能性がある。
それを踏まえた上で、マダニに噛まれた後の処置(引きはがさずに病院に行く)を専門家に説明を求めていたのだが、コメンテーターの玉川徹は「病院に行けばウイルスに感染しないんですか?」と質問し、「そんなことはありません」との専門家の答えに「じゃあ病院に行く意味がないじゃないですか」とまくし立てた。
あまりの勢いに専門家や小松アナが言葉を失っていると、高木美保が「無理に取って口が残ると化膿したり大変なんですよ」と専門家の説明を繰り返した。
その他のコーナーでも玉川は話を聞いていないような場面が散見された。自分のコーナーのことで頭がいっぱいなのかもしれないが、だとしたら長嶋一茂のように黙っているのがよい判断ではないか。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中