2020年 8月 5日 (水)

麻生太郎が「ポスト安倍」狙ってる?「薬が効かなくなってきてる。長く持たない」

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!
「安倍さんはやばいな。麻生さんは『安倍の体調はそうとう悪いぞ。(持病の潰瘍性大腸炎の特効薬と言われた)薬が効かなくなってきている。顔がむくんでいるのがその証拠だ』と私に言っていた。麻生さんは安倍さんの体は長くもたないと思っている」(この議員の事務所は「そのような事実はありません」と回答)

   これは『週刊文春』の「ギャング麻生太郎の野望」に出てくる麻生太郎副総理の側近議員の言葉である。いまやボルサリーノ帽を斜めに被り、黒いコートを羽織ったギャングスタイルがトレードマークになった麻生だが、安倍政権が前のように短命で終われば、73歳の彼でも総理に返り咲けると自信満々なのだそうだ。帽子は薄くなった後頭部を隠す「ハゲ隠し」で、愛娘から「マフィアみたいだからやめて」というメールが来たそうだ。

ギャングファッション財務相にギャングもどきの「裏の秘書」

   由緒正しい出にしては品の欠片もない麻生だが、週刊文春によれば、周りにいる人物も胡散臭いようである。財務官僚が絶対匿名を条件にこう語っている。

「麻生財務大臣によるミャンマー訪問のメインテーマは、三月末までにミャンマーに対して五百億円規模の円借款再開の表明とされましたが、これはすでに民主党政権時代から内定していた話。驚いたのは、この公式訪問に商社や建設会社と共に、突然、麻生氏の友人のX氏という人物が同行することになったことです。役人の間では『あいつは何者なんだ!?』と騒ぎになったのです」

   Xは建設コンサルタント会社社長で、「素淮(そわい)会事務所(麻生氏の外事務所)によく出入りしている、麻生氏の相談相手」(麻生派議員)という人物である。麻生とは食事やゴルフを重ねている仲だという。そもそもの馴れ初めを自民党関係者が話している。

「麻生氏が学生時代、ボウリング場で不良に絡まれたことがあった。そのとき大学空手部だったX氏が助けに入ったことで、二人は親しくなったと聞いています。麻生氏と高級フランス料理店で会食する機会があったのですが、そのときの会計は同席していたX氏が支払っていましたね」

   このXなる人物と麻生の秘書に疑惑ありとこう続ける。

「永田町では『表の秘書』が長く政策秘書を務めている村松一郎氏(現・財務大臣秘書)、そして、『裏の秘書』がこのX氏と評されたこともある。

   ○四年、麻生氏が総務大臣を務めていたとき、この二人の『秘書』はきな臭い事件の登場人物となった。

   まず、広く知られているのが同年三月、村松氏の自宅に四発の銃弾が撃ち込まれた事件だ。麻生氏が文教族の大物議員だったために、当時ある学園を巡るトラブルが原因とも報道されたが、未だに犯人は逮捕されておらず真相は闇の中だ。

『村松氏は麻生氏の威光を使って文科省で幅を利かせていたのは事実です。ある予算で陳情にいったときも、村松氏はすぐに<おい麻生事務所の村松だ。予算はどうなっている。トップで検討しろよ>と文科省に電話をかけてくれた。こうした彼の口利き行為がトラブルの原因になったのではないかと噂されました』(文科省傘下団体関係者)

   同時期に文科省内で『衆議院議員麻生太郎顧問』の名刺を持ち歩いていたのがX氏だった。当時、取材をしたジャーナリストの瀬戸弘幸氏が語る。

『文科省発注の公共工事でX氏が介入、暗躍しているとの情報があり、取材をして<文科省を悩ます麻生太郎顧問>という記事を書きました。すると同和団体を名乗る人物から何度も圧力がかかるようになり、<今後、X氏は麻生事務所と関係を絶つから穏便に収めてくれ>と凄まれました。麻生事務所も<関係を絶った>と言っていたので、もう疑惑の人物との交際はないと思っていたのですが』

   ところが小誌の取材では、X氏と麻生氏の関係が切れたことはなく、外相、首相と出世を続けてもその蜜月は変わっていないことが分かっている」

   安倍政権は株価の上昇や円安で悦に入っているが、自民党の歴史は党内抗争の歴史である。きのうの友はきょうの敵。身内に潰瘍性大腸炎、党内にいつ寝返るかわからない麻生と石破茂幹事長を抱える安倍政権は、いつ崩壊してもおかしくないほど、実は脆弱なのである。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中