市原隼人「役者を馬鹿にしてなめてるとしか思えない」花香よしあきのモノマネ不快

印刷

   俳優の市原隼人(26)が「何を伝えたいか分からず、役者を馬鹿にしてなめてるとしか思えない」と自身のモノマネに3月21日(2013年)のブログで激怒している。

   具体的に名前は挙げていないが、モノマネ芸人の花香よしあき(33)のモノマネに立腹したものと見られる。「自分を使って頂きとても光栄に思っております」「否定しているわけではなく、僕自身応援させて頂いているのですが、失礼な言い方で申し訳ありません」と書きつつも、「役のキャラクターを楽しんで見て頂けるのであれば分かるのですが『市原隼人』として一つの形に答えを出し、お客様にイメージを決めつけ押し付けるのは違うんじゃないかな?何よりも俺何時もあんな感じではないですよ(笑)仲間と見ていて皆、目が点です」と収まらない。

   さらに「簡単に真似出来る様な安易な気持ちで役者の世界にいないし、誰かに真似出来る様な柔な気持ちで様々な現場に立っていない。相手の気持ちを考えずにプロの方がモノマネするのは違うと思う」と俳優としてのプライドもにじませている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中