「ハサミ男」作家・殊能将之さん死去 最後のつぶやき「んじゃまた」

印刷

   ミステリー作家の殊能将之さんが、2月11日(2013年)に亡くなっていたことがわかった。49歳。3月30日、交友のあった書評家・翻訳家の大森望がツイッターで明かした。

   殊能さんは1999年に『ハサミ男』でデビュー。その内容は多くの読者に衝撃を与えた。同作は05年、豊川悦司・麻生久美子の主演で映画化もされている。

   覆面作家を貫き、そのパーソナリティーは生前ほとんど不明のまま。08年からは作品発表も途絶え、最近はツイッターでの近況報告のみが続いていた。

   ツイッターでは死の3日前の2月8日、兄の死による多忙などのためしばらくツイートできないことを明かし、

「んじゃまた」

とつぶやいていたが、これが最後の投稿となった。

   4月3日発売の小説誌「メフィスト」(講談社)に、追悼文などが掲載されるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中