「暑さ日本一」トップ交代!四国・四万十市「熊谷・多治見には申しわけない」

印刷

   連日、猛暑とゲリラ豪雨のニュースが交互にやってくる。きのう12日(2013年8月)は、高知県の四万十市で最高気温41.0度を記録、6年ぶりに国内最高を更新して、四万十川で知られる清流と歴史のまちに「日本一暑いまち」の称号が加わった。これまで日本一だった埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市では市民らが「ショック」「残念だ」と悔しがる。

地元産品直売所「せっかくの日本一だから、顔になる商品考えます」

   41.0度となったのは、愛媛県との県境に近く、四万十川の中流にある山あいの江川崎地区だ。緑に囲まれ清流が流れ、カヌー遊びやキャンプ地として知られるが、周囲に山があるため海からの風が届かず、空気が淀み気温が上昇しやすい。

お風呂より暑い

   取材キャスターの奥平邦彦が現地を訪れると、さっそく地元産品の直売所の前に「あつさ日本一」の看板が立っていた。直売所の主人は「せっかく日本一になったのだから、顔になる商品ができると面白いと思っています」と話している。

   四万十市役所支所の中平晋祐地域企画課長に話を聞くと、「きのう午後から報道機関から連絡が来まして、てんやわんやです。暑さはもう勘弁してほしいですが、名前が記録されるということで嬉しさもあります。今後のPRなどは心算がなかったので、これからなにかやっていこうと思っています」と戸惑い気味だ。

   夏休みのみのもんたに代わって司会を務める井上貴博アナがスタジオから声をかける。「これまで日本一だった熊谷と多治見にひと言お願いできますか」

   中平課長「いや、たまたまこういう記録が出てしまって。両市には申し訳ない気持ちがあります」

過去には徳島県で42・5度の非公認記録

   これまでの最高気温の記録をみると、1933年に山形市の40.8度が長くトップの座にいたが、2007年に熊谷市と多治見市が40.9度を記録した。異常気象とあいまってワイドショーでも話題になり、熊谷市は駅前に看板を立てたり、市をあげて暑さ対策に取り組んだりするなど積極的にPRしていた。暑さを売り物にした新名物のかき氷が人気を呼んだそば屋の女将さんは、「もっと暑い日が来ればまた勝てると思う」とさらなる猛暑を期待するような口ぶりだった。

   多治見市の古川雅典市長は「いつかこういう日が来ると思っていました。今回は快くタイトルをお譲りします」。まるでエールの交換だ。

   ところで、気象予報士の森朗によると、全国の最高気温としては、撫養(徳島)42.5度(1923年)、東郷(福井)42.0度(1931年)、水窪(静岡)42.0度(1914年)という記録もある。ただし、これは気象庁が外部に委託した観測所のデータなので参考記録だそうだ。

   コメンテーターの三屋裕子(スポーツプロデューサー)「41度とか、42度か、お風呂でも熱い。それが空気!」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中