2018年 7月 17日 (火)

長崎の町工場にエリザベス女王から感謝状!「ジョージ王子の誕生祝い」自社製品の赤ちゃん肌着プレゼント

印刷

   長崎県諫早市の町工場が英国のエリザベス女王に宛てに、孫のジョージ王子誕生祝として自社のコットン製の赤ちゃんの肌着を贈ったところ、このほど英王室から感謝状が届いたという。

   「美泉」という縫製会社で、社長の井上義松さんは「ジョージ王子にうちの肌着を贈ったらどうだろうと、冗談半分、本気半分で話しをしてまして・・・」という。この話を聞いていた息子の孝輔課長は「社長は本気で送って欲しいと思っている」と解釈した。「はじめはどこにどうやって贈ればいいかさっぱりで困った」と思案投げ首だったが、英王室のホームページを開いたところ、女王陛下への送り先、手紙の書き方までアドバイスするコーナーがあり、それに従って贈ったという。

世界中から2万点のお祝い

   息子はエリザベス女王まで届くとは想像していなかったらしいが、届いた証として2週間後のこの感謝状が贈られてきてびっくりしたという。感謝状には「あなたがベビー服を贈り届けてくれたことは最も嬉しい出来事の一つでした」と書かれていた。

届くもんなんですね

   司会の羽鳥慎一「届くもんなんですねえ」

   世界中から約2万点もの贈り物が英王室に届いているらしい。皇室ジャーナリストの多賀幹子氏は「キャサリン妃はオーガニック製品が大好きで、肌着を目にすれば着せる可能性がある」という。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中