スクエニ会長・和田洋一「任天堂・山内組長が死去。銀髪に紫スーツのラスボスだった」

印刷

   9月19日(2013年)に亡くなった「任天堂」山内溥元社長をゲームソフトメーカー「スクウェア・エニックス」会長・和田洋一(54)がツイッターで悼んでいる。かつて和田が勤めていた「スクウェア」と任天堂が対立していた当時のエピソードを明かした。

   任天堂とスクウェアは「ファミリーコンピュータ」の時代から信頼関係にあったが、ソニーの「プレイステーション」にソフト提供先を乗り換えたのを機に断絶した。その両者の関係を修復したのが和田氏だったのだ。

   取り引きを再開しようと任天堂本社の最上階で「謁見」した山内氏は、「銀髪に紫のスーツ、鋭い眼に甲高い声」だったという。ゲームに例えれば「氷属性のドラゴン」の「ラスボス」で、「殺気を感じた人物はそうそういなかったので、以降組長を勉強させてもらいました」と畏敬の念を示し、「ご健在の間に大成功を報告したかった」と悔やんでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中