2018年 7月 23日 (月)

はるかぜちゃんツイッターを母親管理「色々と限界に来ていました」と代弁

印刷

   子役の「はるかぜちゃん」こと春名風花(12)のツイッターアカウントが9月25日(2013年)、母親による管理に切り替わった。しばらくの間、リプライ(返信)の対応を「保護者と本人の共同管理」にするが、春名の希望で当面アカウント削除は考えてないという。

   春名は9歳からツイッター利用し知名度を上げた一方で、通学する中学校名や自宅住所をインターネット上にさらされるなどの誹謗中傷や殺害予告も受けてきたが、前日(24日)までは変わらずつぶやいていた。

   春名の母は「色々と限界に来ていました」といいながら、「仕事と学校は、1日も休まず頑張っています」と報告する。アカウントのアイコンには「悪意を向けられる事もなく、ツイッターを一番楽しんでいた頃のもの」として好物のラーメンを食べている写真が使われている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中