2018年 7月 18日 (水)

東洋の魔女・河西昌枝さん死去!大林素子「『あんたがバレー界を伝えなきゃ』と叱咤された」

印刷

   1964年の東京五輪で優勝した女子バレーボール「東洋の魔女」の主将・中村(旧姓:河西)昌枝さん(80)が10月3日(2013年)に亡くなり、元バレーボール選手の大林素子(46)がショックを受けていると4日のブログに書いている。

   現役時代はもちろん、引退後も交流が続き、12月からの大林の舞台へも「観に行くから」と約束していたという。「先輩ですがお母さんみたいで 本当に信頼でき、頼りになり 大好きな大切な先輩でした」と語っている。

   春に会った時に「本当にバレー界 大林あんたが、しっかり伝えなきゃ ダメよ」と叱咤されていたという。いつも差し入れのチョコレートを持って応援に来てくれた「バレー界の母」の死を悼んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中