2018年 7月 22日 (日)

ストーカーに「警察の警告」逆効果?つきまといひどくなるケース多発

印刷

   東京都三鷹市できのう8日(2013年10月)午後5時頃、自宅に帰宅中の女性が刺され死亡した。被害者はタレント活動なども行う勉強熱心な高校生で、犯人は現場から逃走したがほどなく逮捕された。「日本人とフィリピン人のハーフ」だという。

三鷹の高校生殺害でも警察官が3回電話

   司会の加藤浩次「被害者は事件当日にストーカー被害を相談していた」

当日朝に相談

   当日朝、被害者は両親とともに警察署を訪れて、自宅前に待ち伏せされている、付きまとわれている旨を訴えた。これを受けて警察は容疑者に3回電話したが、応答はなかったという。

   ストーカー犯罪にくわしい諸澤英通・常磐大学大学院教授は「警察は(法律に基づいて)ストーカーに警告を出すことになっているが、それによりストーカー行為がエスカレートして、つきまといが激しくなるケースが多いんです。殺傷事件に発展することも、報道されてないもので結構あります」と話す。三鷹の事件でも、容疑者が警告を受けて逆上し、凶行に及んだ可能性もあるとした。

   この事件で警察から容疑者への警告内容は詳細不明で、「容疑者にしてみれば知らない人から電話がかかってきた」(加藤)だけだったのか、警察がなんらかのメッセージなどを残していたのかもわからないそうである。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中