2021年 5月 12日 (水)

阪急阪神ホテル・メニュー偽装「あくまで誤表記」「あれが商品名」社長開き直り

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   大阪の名門、阪急阪神ホテルズのレストランの食材偽装問題できのう24日(2013年10月)、出崎弘社長ら幹部が会見した。「信頼を裏切ることになり、お詫びもうしあげます」と頭は下げたが、メニューと食材が異なっていたことについては、「偽装」ではなく、あくまで「誤表記」だと突っぱねた。

   8つのホテルや系列のレストランで、49品目がメニューの表記と異なる「安い」食材だった7年間にわたって、7万8000人に提供していた。

「会社は察知できなかった」と辞任否定

   出崎社長は「意図を持って、誤った表記をして利益を得ようとした事実はございません」「商品名だった」「仕入れが変わった時にメニューをそのままにした」「知識不足だった」「会社が察知できなかった」などと言い続けた。

   しかし、どう言い逃れようと、「トビウオの卵をレッドキャビア」「バナメイエビを芝エビ」「普通のネギを九条ネギ」「市販のオレンジジュー スをフレッシュ」「冷凍を鮮魚」「牛脂注入肉を霜降り肉」としていた。安いものを高級食材だといっていたのは間違いない。客はメニューを信じてお金を払ってきたのだから、これは詐欺である。

   司会の井上貴博アナ「どうも腑に落ちないですよね」

   吉川美代子(TBS解説委員)「偽装としかいえないと思うけど…」

   広辞苑を見ていた与良正男(毎日新聞論説委員)が「偽装=他のものとよく似た色や形にして、人目を欺くことと書いてあります。手捏ねハンバーグはちょっとしんどいような気がする」という。

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中