やなせたかしが計画してた生前葬「震災後に『死んでなんかいられない』と撤回」(戸田恵子)

印刷

   10月13日(2013年)に亡くなったやなせたかしが生前葬を計画していたと、女優の戸田恵子(56)が11月6日にブログで明かした。かつて「生前葬をやりたい」とシャレで言っていたが、東日本大震災を機に「死んでなんかいられない」と撤回したという。

   生前葬にあわせて出す予定だった本には「皆からの弔辞を載せたい」と募って、「それいけ!アンパンマン」(日本テレビ系)で親交のある戸田は「嘘だと分かっていても」泣きながら書いたという。

   震災前にやなせスタジオで撮ったツーショット写真を載せ、死去から発表までの2日間「先生はここでたくさんのグッズに囲まれて本当に安らかなお顔で横たわってらっしゃいました」と振り返る。戸田は「少し痩せちゃいました」と言いつつ仕事を続けていて、旅先の沖縄で「先生のこと少し認めようと思っています」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中