やしきたかじん死去で安倍首相「辞任後に『温泉』。政治的に尾羽打ち枯らした状況での気遣い」

印刷

   歌手のやしきたかじん(64)が1月3日(2014年)に死去したと7日に報じられ、安倍晋三首相(59)が「人には出会いと別れがあります」と8日にフェイスブックで追悼している。幹事長時代に初めて会って「いつか一緒に温泉に入ろう」と約束したが、実現したのは第1次内閣を辞職した後だったという。

   第2次内閣が始まってからも「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ系)などで共演することがあったが、辞任直後の「政治的に尾羽打ち枯らした状況」の安倍首相を誘ったのは「たかじんさんの気遣いだった」と振り返っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中