2022年 5月 24日 (火)

年金基金24億円使いこみ事務長初公判!たかりまくった女たち「いいカモだった」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   こんな写真をどうやって集めたのか。高級クラブや旅先で女性に囲まれてヤニ下がった中年男が写っている。長野県建設業厚生年金基金の元事務長・坂本芳信(56)だが、使った金が24億円とは半端じゃない。その初公判がきのう21日(2014年1月)に長野地裁であった。

弁護士「彼自身より周りの人たちがいっぱい利益をあげ、儲けた」

   罪状認否で、裁判長から「起訴状の内容に間違いありませんか」と問われ、坂本被告は「ございません」と答えた。起訴内容は2010年5~7月に着服したと見られる2億円分だ。これらがホステスへの小遣いやブランド品買い漁り、クラブの運転資金に使われた(業務上横領)。

   坂本の豪遊ぶりがさまざまにいわれる。貸し切りの屋形船では浴衣から水着になった女性にチップ5万円、熱海にホステスをつれて豪遊、クラブでは一番気前がよかった。罰ゲームであたったホステスには1万円、シャンパン一気飲みに1万円、VIPルームで女の子10人が当たり前、胸を見せるとチップは何万円…。

   しかし、ホステスたちからは「ただの変態オヤジ。女の子からするといいカモ」と見られていた。妊娠したからと300万円要求したり、韓国人ホステスには病気の手術代3000万円を「渡したりしていた。弁護士も、「みんながよろこんでくれるのが楽しくて使ったといっている。彼自身より周りの人たちがいっぱい利益をあげ、儲けた」と話す。

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中