<今週のワイドショー>名古屋「殺人暴走」本人もよくわからない動機!世間に強い恨み

印刷

   23日(2014年2月)に名古屋市の中心街で起きた「無差別殺人暴走」は、その異常性にワイドショーも戦慄した。とにかく何が起こったのかをまず伝えようと月曜24日の番組トップで取り上げた。<「だれでもよかった」またか…名古屋駅前の無差別殺人暴走!何に恨み?>(日本テレビ系「スッキリ!!」)、<名古屋「無差別殺人暴走」秋葉原事件に酷似!「だれでもよかった」「無職」>(フジテレビ系「とくダネ!」)、<名古屋「殺人暴走」被害者―振り向いた直後にボンネットの上で転がってた>(TBS系「朝ズバッ!」)、<名古屋「暴走殺人未遂男」頭にけがして定職につけないと友人に相談>(テレビ朝日系「モーニングバード!」)とかき集められるだけの情報を集めて流した。

定職に付けない、バラバラ家族、厳格な父親…

   わからないのは動機だ。あれだけの凶暴な犯行の背景には大きな理由があるはずだが、大野木自身も「動機は一つや二つじゃない」と供述していて、ワイドショーとしてはあれこれ推測するしかなかった。<殺人暴走の大野木亮太「一種の自殺」自分はすごい不幸、損しているという思い込み>(「スッキリ!!」)、<名古屋・無差別殺人暴走で供述「動機は簡単に説明できない」バラバラ家族に原因?>(「モーニングバード!」)、<無差別殺人暴走・大野木亮太「厳格すぎた父親」子どもの頃からお父さんがいるから遊べない>(「朝ズバッ!」)とあれこれ見方が出たがはっきりとは分からない。とうとう、<名古屋「無差別殺人暴走」父親は県警幹部!動機あいまいは警察の情報出し渋り?>(「とくダネ!」)と話はあらぬ方向に飛んだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中