松浦雅がウィキペディア情報否定「母親は『学校の教員』ではなく『塾講師』」

印刷

   女優の松浦雅(18)がウィキペディアに書かれている情報を3月3日(2014年)にブログで否定した。ウィキペディアでは2月12日の「日刊スポーツ」をもとに、「親は学校の教員」と書かれていたが、「違うwwwwww 親は学校の教員ではありませんwww」と笑っている。実際には母親は自ら開いた塾で講師をしているという。

   松浦はドラマ「ごちそうさん」でヒロインの娘・ふ久を演じている。3日の放送でふ久が子供を産んだが、赤ちゃんを隣に置いた瞬間、「なんだかあったかい不思議な気持ちに包まれてああ、生きるってすごいなあ」と感じたと語る。

   松浦の母は「何事にも筋を通すし、なにがあっても私の味方」する魅力的な女性だといい、ドラマを通して母性が生まれたのか、「わたしもいつかあんなお母さんになりたいなぁ」とあこがれている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中