2018年 9月 21日 (金)

クレイジーケンバンド・小野瀬「周富徳さんのお店でいただいた料理のウマさ忘れません」

印刷

   クレイジーケンバンド(CRAZY KEN BAND)の小野瀬雅生(52)が4月13日(2014年)のブログで、8日に肺炎で亡くなった中華料理人・周富徳さん(71)を悼んだ。バンド曲「昼下がり」の歌詞に周さんが登場したことがあるという。(「中華街で飲茶をしていたら なんと炎の料理人 周富徳が前を横切った」)話をすることもあったという。

   「90年代、周さんのお店でいただいたお料理のウマさ、忘れません」「世の中にはこんなにウマイモノがあるのかと瞠目」したと語り、「こころからご冥福をお祈りします」と話す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中