クレイジーケンバンド・小野瀬「周富徳さんのお店でいただいた料理のウマさ忘れません」

印刷

   クレイジーケンバンド(CRAZY KEN BAND)の小野瀬雅生(52)が4月13日(2014年)のブログで、8日に肺炎で亡くなった中華料理人・周富徳さん(71)を悼んだ。バンド曲「昼下がり」の歌詞に周さんが登場したことがあるという。(「中華街で飲茶をしていたら なんと炎の料理人 周富徳が前を横切った」)話をすることもあったという。

   「90年代、周さんのお店でいただいたお料理のウマさ、忘れません」「世の中にはこんなにウマイモノがあるのかと瞠目」したと語り、「こころからご冥福をお祈りします」と話す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中