2018年 8月 18日 (土)

札幌ボンベ爆発51歳女性「物証乏しく裁判むずかしい」映像、ゴム印だけでは特定困難

印刷

   札幌市北区内の連続ガスボンベ爆発事件では、物証といえるものが3つある。一つがゴム印だ。犯行を認める、あるいは予告する手紙4通のうち、3通はアルファベットのゴム印で書かれていた。そのゴム印と見られるものが逮捕された51歳の女性の出したゴミの中から見つかっていた。二つ目は札幌北署周辺のコンビニなどの防犯カメラやタクシーの車載カメラ(ドライブレコーダー)に女性のものと見られる車が映っていた。三つ目は女性宅で見つかった未使用のガスボンベだ。

   これらとは別に、手紙で非難されていた北署の複数の警察官の名前から、この女性が過去に事情聴取を受けたことがあり、交通違反や住民とのトラブルで北署にクレームをつけていたこともわかった。

執念深いクレーマー?

   これでようやく逮捕に至った理由がわかった。司会の加藤浩次は「警察との接点が分かりましたね。クレームをつけていたということですか」

特異な人

   キャスターのテリー伊藤「数年前に調べられた警察官の名前なんて普通は覚えてない。特異な人かも」

   リポーターの西村綾子は「クレームがいつなのか、最近まで続いていたのかなどはわかりませんが、頻繁にあったとなると…」

   弁護士の菊地幸夫「似た車、ゴム印だけでは裁判はむずかしいですね。そもそもガスボンベとか爆発装置の構造もわかっていない。彼女に作れたかどうかもわからない」

   香山リカ(精神科医)「警察はほかにも何か決め手を握っているんでしょうか」

   当然でしょう。しかしそれをメディアにもらさない。あるいは小出しにする。

   テリー「4番目に画鋲、5番目にはクギとエスカレートしている。彼女の精神状態はどうなのか。どうやって作るんだろうと加藤さんとも話してたんですがね、材料があってもねえ」

   西村「固形燃料とゼリー状の燃料が見つかっているという発表だけです」

   北海道警は他の4件についても女性を追及するという。しかし、警察官の名前を書き送るということは、「私が(爆発の)犯人です」といっているようなものだ。そんなバカなことをするだろうか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中