川島なお美「渡辺淳一さんからの最期のメール。ガンの私に『元気になったら、また桜を見に行こう』…残念です」

印刷

   作家・渡辺淳一の死を女優の川島なお美(53)が5月6日(2014年)にブログで悼んでいる。川島はテレビドラマ版「失楽園」のヒロイン・松原凛子をはじめ、多くの渡辺作品に出演していた。

   渡辺作品のヒロインは「はかなくも凜として魅力的な女性」ばかりで、「その役として生きたことは私の宝物」だという。最後に渡辺さんに会ったのは昨年秋、「先生の事務所にお見舞いに伺ったとき」だった。「来てくれてありがとう」と笑った渡辺さんは、「お痩せになり ひとまわりも小さくなられ・・・・思うように動けなくて悔しいとおっしゃっていました」と振り返る。

   渡辺さんの秘書には4月29日にも病状を聞いたといい、「まさかその翌日に亡くなられていたなんて」。最後に交わしたメールは川島の肝内胆管がん手術が報じられた直後で、「『君は大丈夫 ぜんぜん心配していないよ 元気になったら また桜を見に行こう』。私の入院手術の報道を受けてのメールが最後のやりとりに…残念です」と冥福を祈っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中