勝又拓哉の義父 事件翌月に警察に通報「息子が怪しい。あいつは何するかわからない」

印刷
「あの子は激昂すると、自分を抑えられないタイプの人間だった。何をするかわからない、怖さがあった」

   栃木県の女児連れ去り殺害犯・勝又拓哉容疑者の義父はこう話す。近所の住人やかつての同級生は「好青年だった」「いつも母親の仕事を手伝い、その時はニコニコしていた」と語るが、別な顔があったのだろうか。

「中学を卒業して旅館で働き出したが、3日で帰された」

   義父はこう語る。「中学を卒業して旅館で働き出したことがある。でも、それまでの生活が昼夜逆転の生活だったので、働き出しても昼間は寝てばかり。旅館から3日で帰された。そのあとは何もしていない。週末になると母親の仕事を手伝っていたが、あとはブラブラしていた」

警察は分かっていた?

   高村智庸リポーター「彼はナイフの収集をしていました。義父があるとき、容疑者の車に乗ると、刃渡り20センチぐらいのナイフが車内にあったそうです」

   司会の羽鳥慎一「部屋代や生活費はどうしていたんでしょうか」

   高村「母親が渡していたようです。それで、生活にはあまり困らないでいたようです」

   実は、義父は事件があった2005年12月の翌月、警察に息子の行動が怪しいと連絡していた。高村によると、義父は「電話はしたよ。でもその後、警察がどう動いたかはわからない。ただ、電話してから2、3年後に刑事が2人やって来て、息子に話を聞いていた」と話したという。

元刑事「警察はいったん怪しいと見たら、捜査線上から消さない」

   赤江珠緒キャスターは「その後、警察には大きな動きがなかったわけですから、捜査線上からは消えたということでしょうか」とゲストの元神奈川県警刑事の小川泰平氏に聞く。「捜査の中で浮かんだ怪しい人物を捜査線上から消すということはありません。依然として残り、行動確認などをしたと思います」

   コメンテーターの松尾貴史(タレント)「義父は警察に何とかして欲しいというシグナルを送ったのでしょうか。でも、残念ながらすぐにその反応は返って来なかったわけですね」

   いや、捜査本部はとっくに勝又をマークしていたが、捜査の手が周辺に及んでいることを気付かせないために時間を置いたということではないのか。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中