2019年 1月 18日 (金)

セウォル号オーナー大捜索空振り!朴槿恵大統領「逮捕できない検察・警察話にならない!」

印刷

意図的なニセ情報で捜査かく乱?

   現地メディアは「何もできない検察・警察」と批判を強めていて、「宗教施設の捜索に入ったのは6000人のうちの1000人だけ。残り5000人は施設の周囲を固めていた」と伝えた。コメンテーターの松尾貴史(タレント)は「周囲を固める警備になった機動隊員の中には、自分たちは何をやっているのだろうと考えた隊員もいたと思いますよ」と苦笑いする。

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「本気で国外逃亡を考えていたなら、数週間前に国外に出ているはずですよ。捜査陣は情報に振り回されているようで、ユ前会長は誤った情報を意図的に流し、捜査陣を混乱させようとしているように見えます」

   まあ、日本でもオウム真理教の麻原彰晃を見つけ出すのにてこずったが、5人で移動しているならすぐ目につくだろう。どこかの隠れ家にこもっているんじゃないか。

文   ナオジン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中