坂本龍一「中咽頭がん」コンサートなど休止!放射線治療は拒否

印刷

   けさ10日(2014年7月)の「スポーツニッポン」をもとに伝えるところでは、音楽家の坂本龍一が咽頭がんを患っていることを明らかにしたという。坂本は6月に喉に違和感を覚えて精密検査を受け、7月はじめに中咽頭がんと判明したという。コンサートなどの音楽活動は休止するが、創作活動は続けるものと見られる。

扁桃腺の部分にできて異常にしみたり違和感の自覚症状

   中咽頭とは喉の扁桃腺の部分で、コメンテイターで内科医のおおたわ史絵は「(がんになると)ものが異常にしみる感じや違和感といった自覚症状があります。しかし、すごく痛いとか痩せるというわけではなく、気がつきにくいがんとして有名です」という。

   坂本は放射線治療を拒否しているという。

   おおわた「坂本さんの病状やステージはわかないですが、いずれにしても放射線は治療の主要な選択肢のはずですが…」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中