2018年 7月 17日 (火)

アグネス・チャン「大好きな俳優さんが亡くなったので、悲しむ、惜しむのは普通。無神経や売名行為じゃない」

印刷

   歌手でタレントのアグネス・チャン(58)が8月20日(2014年)、ネット上の批判に対しブログで反論している。

   12日のブログに俳優・ロビン・ウィリアムズの追悼文を掲載したところ、「どこにでも乗っかる」「ファンてだけで全然関係ないんかよ」などと批判が殺到した。

   20日のブログでは「知り合いでもないのに、亡くなった事を書くのは無神経とか、売名行為」という意見に「大好きな俳優さん」の死を悼むのは普通と反論した。「自分のブログは自分のファンが読むもの」で、これからも日々感じたことは遠慮なく書くと宣言した。

   ブログの後半では「外国人である事や、ボランティア活動をする事などで反日とか、偽善とか」という自身に向けられたネット上の批判に触れ、「偽善ではないし、反日でもないし、気にしたら、きりがない」とばっさり切り捨てた。

   最後に「皆さんも、ひどい事を言われても、負けないでくださいね。世の中のネガティブパワーに負けないで下さいね」と呼びかけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中