2018年 7月 23日 (月)

小池一夫「TSUTAYAでスマホで評価を調べている人。本当の傑作で感動するのは、沢山の凡作を見てるからなンだよ」

印刷

   マンガ原作者の小池一夫(78)は9月1日(2014年)、作品を見る前に他人の評価やレビューを調べるって変じゃないかと、ツイッターで疑問を投げかけている。

   口コミやレビューを参考に商品を選ぶ風潮はスマートフォンの利用者拡大に伴ってますます強くなってきている。

   「TSUTAYAの棚の前」で、「スマホを使って」「(作品の)ユーザーレビューを見て評価を調べている」人に出くわした小池氏はこれを「便利な使い方」と評価しながら「ちょっと違う」と違和感を表明する。なぜなら「本当の傑作で感動する」には「沢山の凡作を見てる」必要があるからだとか。そして「一般の評価が低くても、(自分の)好きな作品は沢山ある」と語っている。

   最後はクリエイターと呼ばれるひとびとに向けても「傑作からだけではなく、凡作や駄作から学ぶ事は山ほどある」「優れた作品の基準はない」と訴えかけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中