ここでも「東大」凋落!?安倍改造内閣に卒業生2人だけ...大臣たちの平均偏差値は低下

印刷

   第二次安倍政権初の内閣改造についてあれこれと週刊誌が論評している。『週刊新潮』は「後援者が警視庁で斃れて消えた『松島みどり法相』の選挙違反疑惑」「『山谷えり子国家公安委員長』と縁浅からぬ『統一教会』」「『有村治子女性活躍相』の結婚相手は中国系マレーシア人」とあるが、致命傷になるスキャンダルではないようだ。

   興味深いのは、今回の大臣は、安倍首相が成蹊大学だからというわけではないだろうが、東大出身は2人しかいないというのだ。新たに入閣した12人の大臣と前任者を比べるとこうなると政治ジャーナリストがいっている。

   <「経産大臣は東大(茂木敏充氏)から成城大(小渕優子氏)、農水大臣も東大(林芳正氏)から東京農工大(西川公也氏)といった具合に東大卒業者が減っています」>

   その他にも江渡聡徳防衛相が日大、山谷えり子拉致担当相が聖心女子大である。東大出身者の閣僚は麻生内閣5人、鳩山内閣7人、菅内閣6人、野田内閣3人だった。週刊新潮らしく、入れ替わった大臣たちの大学の偏差値を比べている。平均偏差値は改造前が「64.58」で改造後は「63.08」と落ちている。偏差値で人間の価値が計れるわけではない。だが少し心配ではある。

   河野太郎氏のメルマガにこんなことが書いてあったので紹介しよう。「今回の内閣改造に関しては、誰が入閣しそうなのかメディアが競って報道しました。そしてなかでもNHKの情報は正確だという評判でした。(中略)

   閣僚の人事を決めるのは総理です。だとすれば人事情報の出どころは官邸しかありません。官邸から情報を取れるということは、それだけ官邸との関係が深いことになります。そんなメディアがきちんと官邸を批判することができるでしょうか」

   NHK、読売新聞、産経新聞、日本経済新聞が官邸との距離の近さを競うなかで、朝日新聞がしばらく低迷することは間違いないから、毎日新聞と東京新聞に期待するしかないのだろうか。

中小企業のおっさんの言い訳のようだった朝日新聞社長「渋々謝罪会見」

   ようやく朝日新聞の木村伊量社長が謝罪会見を開いた。東京電力・吉田昌郎氏の調書を掲載した際、「命令違反で9割が撤退」としたことは誤りだったと認め、従軍慰安婦についての吉田証言についても、虚偽だとわかっていながら撤回が遅れたことを謝罪した。

   遅きに失した感は否めないが、そこまで朝日新聞は追い込まれたということであろう。私はNHKの「ニュースウオッチ9」とテレビ朝日系の「報道ステーション」で会見を見たが、第一印象は「これが朝日文化人の頂点に立つ人物か」というものだった。まるで中小企業のおっさんが(朝日新聞も規模としては中規模会社ではあるが)偽装問題で渋々謝罪を行っているようにしか見えなかった。

   いや、自分が育ててきた会社の存立を賭けた会見ならもっと真剣に臨むはずだが、木村社長にも横にいた杉浦信之編集担当取締役にも、この重大な『誤報事件』が朝日新聞にとってどれほど大きなダメージを与え、この会見いかんでは朝日新聞の存亡にかかわるという危機感が感じられなかったのは「遺憾」であった。

   それは池上彰氏の連載コラム掲載見合わせの判断をしたとき、「言論の自由の封殺であるという思いもよらぬ批判があった」という言葉に如実に表れている。自社の見解と違うことを書いた社外の人間の原稿を検閲して掲載拒否することがメディアにとっての自殺行為だということを、このトップはわからなかったというのである。この一事をもってしても、この人はメディアの上にいる人間ではない。

   辞任することを示唆したが、早くお辞めになったほうがいい。

古舘伊知郎の硬骨「河野談話は朝日新聞の吉田証言虚報とは無関係」

   一部週刊誌で朝日新聞問題を取り上げないと批判された古舘伊知郎の「報道ステーション」だが、この日は従軍慰安婦問題の吉田証言について長時間の検証をしていたのは、見応えがあった。

   河野談話に対して吉田証言がどれほどの影響を与えたのかという点が中心だったが、古舘が「談話は吉田証言を根拠にして作成されたものではない。いろいろな形での強制性はあったと考える」と強調していたところに古舘の意気込みが感じられた。

   この検証の中で一番感心したのは、この河野談話作成に大きく関わった石原信雄氏(元官房副長官)のぶれない発言だった。石原発言は安倍首相ら右派連中が石原証言の都合のいいところをつまみ食いして、河野談話見直しを声高にいっているが、石原氏はハッキリこういっている。

   「河野談話作成の過程で吉田証言を根拠にして強制性を認定したものではない」「慰安所の設置や運営に軍が深く関わっていたことは事実」「慰安婦たちの聞き取り調査などによって強制性はあったと認めた」などなど。

   これによって、河野談話は吉田証言など端から信用していなかったこと、従軍慰安婦に軍が深く関与していたこと、多くの資料や聞き取り調査で「強制性」があったと認めていたことが歴史的証言として定着したのだ。

   安倍首相は朝日新聞の誤りをあげつらうのではなく、河野談話の精神を引き継ぎ、日本の過去を謙虚に反省して日韓関係の次なる未来をつくろうと朴槿恵大統領に申し入れる『大人の対応』を取るべきある。今度は安倍首相の器が問われることになる。

消費税10%で日本経済デフレ逆戻り!物価だけは上昇...

   このところ朝日新聞批判にばかり熱が入るからか、今週は『週刊文春』にも見るべき記事が見当たらない。仕方ないから『フライデー』に期待したが、これも右トップは「朝日新聞判断ミス重ねた木村社長の『謝罪と辞任情報』」と「中国大気汚染悪化で北京から海南島に遷都へ!」である。

   おいおい、失礼だがフライデーに朝日問題を論じてもらわなくても他誌で読める。写真週刊誌らしい記事は「小島瑠璃子 モデル男と銀座で買い物→南の島」と「国民的美少女 河北麻友子 イケメンと庶民的同棲中」か。

   このところ週刊文春と週刊新潮のグラビアが頑張っているのに、フライデーがこれでは、きついいい方になるが「写真週刊誌の看板を下ろしたほうがいい」のではないか。

   『週刊現代』の記事を2本紹介して今週の締めとしたい。1本は「景気急降下、再びデフレへ」という記事。週刊現代によると、ここに来てあらゆる経済指標が急降下を始めていて、再びデフレに戻りかねないという。なかでも深刻なのは不動産販売の落ち込みだ。<4月の消費税増税を前に、今年1~3月期には、住宅・マンション・不動産など大口の駆け込み需要が急増した。しかしその後はぱったりと止み、4~6月の商業不動産投資額も前年度同期比マイナス15%と大幅に減っていることがわかった。

   「家やマンションを買うと、家具や身の回り品を揃えるため、1軒あたりおよそ150万円前後の追加需要も発生します。これらが4月以降は丸ごと消えてしまっているのですから、そう簡単に消費は回復するはずがありません」(アセットベストパートナーズ中原圭介氏)>

   東京短資チーフエコノミストの加藤出氏もこう話す。<「この先、消費税10%への再増税に踏み切り、日銀の掲げる年率2%のインフレ目標が達成されれば、実質賃金の低下分を勘案すると、再来年には安倍政権発足前に比べて約9%も物価が上がる計算になります」>

   そのうえ、谷垣幹事長をはじめ財務省のいいなりの増税GOGO大臣が各省にシフトされた。もはや10%への引き上げを安倍首相は決断していると見るのが当然であろう。

大原麗子なが~く愛した男たち!田村正和、高倉健、ビートたけし...

   お次は今でもファンの多い亡き女優・大原麗子の肉声を綴った自作のスクラップ・ブックをスクープした記事。最初に結婚して生涯好きだったらしい俳優の渡瀬恒彦についてはこう書いているそうだ。<すごく可愛いし カッコイイよ渡瀬サン 初めてで最後の婚約 結婚>

   だがこの結婚は5年で破局を迎える。実弟の大原政光氏によると「渡瀬家の家風に馴染めなかった」ためだったという。結婚したら女は家に入るべきだという渡瀬家との溝が大きくなっていったそうだ。

   ここには書いていないが、結婚している間に森進一との『不倫』騒動があったことも、離婚を後押ししたと思う。

   若いときから彼女は子供をほしがっていたそうだ。彼女は難病のギランバレー症候群を発症するが、それを克服して80年に森進一と結婚する。しかし結婚生活は彼女が予想していたようには進まなかった。

   <「姉が『子供ができた』と相談してきました。もちろん森さんとの間にできた子です。しかし姉はこのとき、あるドラマの主演が決まっており、出産は降板を意味していた。姉は『堕ろしたい。病院を紹介して欲しい』と言った。決意は固かったですね。森さんは何も知らなかった。姉が一人で決めたんです。

   ただ、悩んだ末の決断だったことは確かです。というのも、姉は中絶した直後に、キャッシュカードの暗証番号を変えたんです。新しい番号は、子供を堕ろした日付でした」(政光氏)>

   その後、84年に森と離婚。彼女には好きな俳優がいて、そのことをスクラップ・ブックに書いていたという。田村正和を尊敬していたようだ。高倉健もその一人。こう書いているという。<健さん、人にきびしく、自分に甘いと思うわ。でもでも大好き。そんけいしてます>

   意外なことにビートたけしもファンだったようだ。<私が大ファンだって知ってたでしょ 恥ずかしいから云わなかったの、云えなかったの><(フライデー襲撃事件を受けて)君らしいカッコイイヨ 彼女を守ったんだから。私も男だったら一人でフライデー行くな>

   多くのファンからなが~く愛されている大原麗子だが、彼女を一生愛してくれる男には出会えなかったようだ。彼女は心の中の寂しさをこのスクラップ・ブックに書き込むことで晴らしていたのだろうか。ここに書かれた男たちは、一度も彼女を抱いてやらなかったのだろうか。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中